子供に英語は必要か?成長段階別に考えよう。

子供に英語教育を受けさせるべきか、お悩みのママ向け。

子供に英語教育は必要?
結論を言えば必要です、ただし無理強いと、やりすぎは禁物です。

英語の必要性は、子供の成長段階、置かれた環境によって大きく変わります。必要なときに、必要なだけ。できる限り、楽しんで学べる方法を見つけるのが大切です。

子供に英語は必要か?【成長段階別】

胎児期(子供がママのおなかの中にいるとき)

「お腹の中の赤ちゃんに英語を聞かせると、将来聞き取りがよくなるよ。」
こんな甘いささやきを聞いたことがありませんか?何を隠そう、私はあります。そして、見事に胎児用の英語CDを購入しました。

結果的に、購入した英語のCDからは穏やかな音楽が流れ、気持ちもリラックス、プラスαお腹の中の赤ちゃんと一緒に英語を学べたような気がして幸せだったので、私個人としては納得のいく買い物でした。

ただし、胎児期に必ずしも英語教育が必要か?と聞かれたら、答えはNoです。もしかしたら胎児期に英語を聞かせることで、なにかしらよい効果があるかもしれません。でもそれは赤ちゃんが生まれてからでも、十分に挽回できるものだと思います。

よって胎児期の英語教育は、ママの自己満足で選びましょう。やってもよし、やらなくてもよし。英語教育をおこなう場合は、効果を期待しない。ママ自信が満足できて楽しめればOK。英語の苦手なママが、無理に英語CDを聞いてストレスを感じるくらいなら、好きなアーティストの音楽を聞いた方が、よっぽどマシです。それくらいの気持ちで、ゆったり過ごしましょう。

英語の絵本とCDがセットで届きます。CDの音声はスマホでも再生可能!
実質スマホ1台あれば、いつでも英語に触れられます。
赤ちゃん向けCD付き英語絵本なら【Baby English Labo】

赤ちゃん向けCD付き英語絵本なら【Baby English Labo】 おうちで親子で、英語絵本と歌あそび『Baby English Labo』 おうちで親子で、英語絵本と歌あそび『Baby English Labo』

幼児期(幼稚園児、保育園児)

幼児教室へのお誘いも増え、お友達のお子さんも、そろそろ英語教育を始めちゃう?うちの子も何かやらせた方がいいかしら?幼児期はお金に余裕があるならば、英語教育スタートサインです。幼いころに英語教育をしても、大きくなったら、すっかり忘れてしまう?そうかもしれません。ですが幼いころに、ある程度継続して英語を聞いた子供は、将来聞き取れる英語の音が増えると言われています。日本語を耳から聞いて覚えるのと同じように、英語も耳で聞くところから始まります。

だからといって、高い効果を期待するのはやめましょう。幼児期から英語教育を始めても、スラスラと話せるようになるお子さんなんて、ほんの!ほんの!!一握りです。広告では特異な才能に恵まれ、また環境的にもラッキーであったお子さんを全面に出すため、あたかも多くのお子さんがそうであるかのように錯覚します。はっきり言います。あの子たちが珍しいのです。

私も、幼児期は英語教育をスタートするのに最適な時期だと思います。
ただし条件があります。
・効果に高い期待をしない
・リスニングをメインに、遊びながら学べる環境を作る
親の期待は、どんなに隠しても子供に伝わります。間違っても「小さい頃から英語を習わせたのに、全然しゃべれるようにならなかったわ!」なんて言わないでくださいね。まだまだママの自己満足で英語教育を選ぶ段階です

押すと音の出るタッチペンで、楽しく英語を学んじゃおう!
おかげさまで大好評!音声タッチペン付き アルクのえいご絵じてん SUPER

おかげさまで大好評!音声タッチペン付き アルクのえいご絵じてん

おかげさまで大好評!音声タッチペン付き アルクのえいご絵じてん学童期(小学生)

いよいよ義務教育の小学校でも英語教育が始まりますね。子供が英語に苦手意識を感じる前に先手を打っておきましょう。なにもペラペラにしておく必要はありません。1つでも、2つでも知っている単語があれば、オレ英語知ってる!オレ英語できるかも!オレ英語超得意!!というように波に乗せることができます。少しでも知っているものには興味がわきます、興味がわけば自然と勉強します、勉強すれば得意になります。お子さんに気付かれないように、そっと背中を押してあげましょう

一人ひとりのレベルに合わせて授業が受けられます、ABCが分からなくても大丈夫。
安心の価格、納得のレッスン、子ども専門英会話ならリップルキッズパーク 安心の価格、納得のレッスン、子ども専門英会話ならリップルキッズパーク

安心の価格、納得のレッスン、子ども専門英会話ならリップルキッズパーク

英語教育の話をすると必ず「日本語も満足に話せないのに英語なんて早すぎる!」という声が聞かれます。果たしてそうでしょうか。あなたは自分の日本語に満足していますか?私はまったく自信がありません。今もこうやって、自分の意見を人に伝えるには、どう話したらよいのか模索しながら文章を書いています。

英語教育を始める=日本語を軽視する、ではありません。もちろん日本で暮らしていくうえで、日本語を学び続けることは大切です。しかし同時に、将来海外との接点が増えるであろう子供たちが、英語を学ぶことは欠かせません。どちらも完璧にする必要などないのでは?必要なときに必要な分だけ学ぶのが一番だと思います。

個人レッスンだと緊張しちゃうなら、グループレッスンもありますよ。
子ども向け少人数制オンライン英会話【GLOBAL CROWN for Group】 子ども向け少人数制オンライン英会話【GLOBAL CROWN for Group】

受験期(中学生・高校生)

多くのお子さんが受験を迎える時期。希望の学校に入るため、英語教育も必須となるでしょう。受験英語を学んでも、実際の会話では使えない?ある意味そうかもしれませんね、英会話力を鍛えるためには、スピーキングの経験を積む必要があります。残念ながら日本の学校では、読み書き、つまりリーディングとライティングに時間を割きがちです。でも悪いことじゃありませんよ。しっかり文法を理解して単語を覚えれば、英語の論文やニュースを読む際に役立ちます。英語力は何も、英会話力だけではないのです。

でも、できればスピーキングの練習も細々とでいいから続けてほしいと思います。英語でコミュニケーションがとれたら、世界はぐんと広がります。お子さんの健やかな成長を願い、これからの活躍を応援しています。

大手の塾も続々オンラインに参入しています。うまく活用して目標を達成しましょう。
河合塾One AIオンライン学習教材でニガテを克服! 河合塾One AIオンライン学習教材でニガテを克服!