地球の鼓動を感じる火山。

北海道には今もなお、活動を続ける常時観測火山がたくさんあります。

この目で見てみたい、でも時間にもお金にも余裕がない・・。

いつか実際に訪れることができる日を夢見て、私と一緒にバーチャル旅行してみませんか?

北国からの贈り物、北海道スイーツ、蟹、魚介類

北国からの贈り物、北海道スイーツ、蟹、魚介類

目次【本記事の内容】

    1. 北海道に到着しました
    2. 樽前山
    3. 倶多楽
    4. 有珠山(昭和新山)
    5. 北海道駒ヶ岳
    6. 恵山
    7. 十勝岳・大雪山
    8. 雌阿寒岳
    9. アトサヌプリ

北海道に到着しました

北海道最大の玄関口、新千歳空港へようこそ。

東京から約1時間半、沖縄からだと乗り継ぎを含めて5時間以上の長旅お疲れ様です。

それでは早速、お目当ての火山へ向かいましょう。

なんといっても北海道には常時観測火山が9つもあるんです、ゆっくりしてる暇なんてないですよー。

樽前山

札幌から車で1時間ほど、見えてきたのは樽前山(たるまえさん)です。

樽前山はプリニー式火山と呼ばれる、とてつもなく規模の大きな噴火を何度も繰り返してきた火山です。

標高は1,041mと、それほど高い山ではありませんが、秘めたるパワーは計り知れません。

 

紅葉時には、こんなにも美しい姿が見られます。

樽前山について、もっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

北海道の活火山、樽前山ってどんな山?

倶多楽

樽前山から南西へ30kmほど、見えてきたのは倶多楽(くったら)です。

そうはいっても具体的に倶多楽という名前の山はありません。

地獄谷(じごくだに)・大湯沼(おおゆぬま)・日和山(ひよりやま)を総称して倶多楽と呼ぶそうです。

日和山のある登別市には、北海道の三大温泉として知られる登別温泉があります。

雄大な山を眺めた後は、温泉に入ってゆっくり。

あー、行きたいなー北海道!

倶多楽についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

北海道の活火山、倶多楽ってどんな山?

 

北海道名物、ジンギスカンはいかがでしょう。

北海道、ジンギスカン

有珠山(昭和新山)

倶多楽から西へ20kmほど、見えてきたのは有珠山(うすざん)です。

有珠山?と聞いてもピンとこないかもしれません、でも昭和新山(しょうわしんざん)ならどうでしょう。

気象庁によると、昭和新山は有珠山の一部とされています。

昭和新山はたった1年半ほどで、畑作地帯に火山が出現したことで有名です。

有珠山・昭和新山について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

北海道の活火山、有珠山(昭和新山を含む)ってどんな山?

北海道駒ヶ岳

有珠山から南へ50kmほど、内浦湾を挟んだ向かい側にあるのが北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)です。

眺める場所によって山の印象が大きく変わることで有名です。

かつて噴火による津波で多くの被害を出した駒ヶ岳。

その歴史を忘れるなと、今でも多くの方が啓発活動をおこなっています。

観光資源の面からだけでなく、リスク管理の面からも山について考えられるようになりたいです。

北海道駒ヶ岳について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

北海道の活火山、北海道駒ヶ岳ってどんな山?

恵山

北海道駒ヶ岳から南東へ50kmほど、前半戦最後の山、恵山(えさん)が見えてきました。

今でも盛んな火山活動の影響で、山腹中部から上部では草木が育たず、赤茶けた風貌をしています。

その姿から信仰の対象となっている霊場でもあります。

 

そんな恵山も、ふもとでは春にツツジ、秋には紅葉を楽しむことができます。

眺める方角、季節、天気・・一度たりとも同じ景色は見られない。

一期一会を楽しみたいものですね。

恵山について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

北海道の活火山、恵山ってどんな山?

北海道、なかほら牧場 北海道、なかほら牧場

十勝岳・大雪山

前半の最後に訪れた恵山から、はるばる北東へ200km、十勝岳(とかちだけ)が見えてきました。

標高は2,077m、富士山の1/2を超える高さです。

 

そこから少し北へ移動すると、火山群があります。

旭岳(あさひだけ)、北鎮岳(ほくちんだけ)、白雲岳(はくうんだけ)・・、どれも2,000mを超える圧巻の景色です。

これらの山々をまとめて大雪山(だいせつざん)といいます。

 

日本で一番早く紅葉が訪れる北海道。

写真を見ているだけで、ため息物ですね。

私のピクチャーフォルダが山の写真で埋まっていきます。

十勝岳・大雪山について、もっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

北海道の活火山、十勝岳・大雪山ってどんな山?

雌阿寒岳

十勝岳から東に100km、雌阿寒岳(めあかんだけ)到着です。

雌阿寒岳の周りには、火山から流れ出た溶岩が川をせき止めて作った湖が点在しています。

なかでも有名なのが、マリモの生息で知られる阿寒湖(あかんこ)です。

北海道は火山だけでなく、水質の良い湖も見所の1つです。

その美しさを長く守っていけるよう、努力したいものですね。

 

雌阿寒岳について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

北海道の活火山、雌阿寒岳ってどんな山?

 

北海道の綺麗な水を使った、おそばなんて、いかがでしょう?

北海道手打ちそば・雪村そば

北海道手打ちそば・雪村そばアトサヌプリ

雌阿寒岳から北東へ40km、見えてきました。

北海道活火山めぐり、バーチャル旅行の最後を飾るのはアトサヌプリです。

アトサヌプリは火山活動によってできた湖、カルデラ湖である屈斜路湖と摩周湖の間にあります。

ドーム状に盛り上がったその姿は、かつての激しい噴火の様子をうかがわせます。

 

明治時代に硫黄の鉱山があったことから、別名硫黄山(いおうさん)とも呼ばれます。

硫黄と言えば温泉、温泉といえば北海道!

あーっ、行きたいなー!

アトサヌプリについて、もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

北海道の活火山、アトサヌプリってどんな山?

 

北海道の活火山めぐり、バーチャル旅行はいかがでしたでしょうか。

いくら紹介しても足りないくらい、豊かな自然が広がる北海道。

私もいつか訪れるときには、雄大な景色を見ながら深呼吸する贅沢な時間を過ごしたいです。

日本全国ご当地・お酒とグルメのセットをご家庭でSAKEグル 日本全国ご当地・お酒とグルメのセットをご家庭でSAKEグル

 

【参考サイト】

YAMA HACK

気象庁ホームページ