小学生が算数を嫌いな3つの理由

こんにちは、ポケザウルスです。
私は子供のころ、算数が大嫌いでした。

だから算数を嫌いな子供の気持ちがよく分かります。

この記事を読むと分かること
  • 小学生が算数を嫌いな3つの理由
  • 算数嫌いを直すためのヒント

    それでは本記事をどうぞ。

    スポンサーリンク

    小学生が算数を嫌いな3つの理由

    何の役に立つのか分からない

    「将来何の役に立つのか分からない」「大人になっても算数なんか使わないじゃん」
    こんなふうに、はっきり言ってくれるお子さんなら、算数を使った明るい未来を話すことができます。

    でも子供の口からは「つまんない」「めんどくさい」「意味わかんない」といった言葉で表現されることが多いです。

    つべこべ言ってないで、さっさと宿題やりなさい!
    文句ばっかり言ってんじゃないの!

    親もつい、こんな答え方をしていませんか?

    算数がつまらないお子さんには、まず算数を学ぶとこんなにいいことがあるよ!という明るい話をすべきなのです。

    親の話を聞かないなら、算数を勉強した結果、社会でかっこよく活躍している大人の姿を見せるといいです。

    大人と言いましたが、社会人の姿を見せるのが効果的だとは限りません。
    お子さんより少し上の中学生、高校生、大学生の姿が心に響くこともあります。

    まずはカッコイイ目標、モデルを見つける
    それが算数を勉強するモチベーションとなるのです。

    スピードを求められる

    算数って、のんびり屋には厳しい教科なんです。

    よーい始め!でめくったテスト用紙には問題がびっしり。
    1つずつ、ゆっくり考えたら解ける子供でも、時間に追われミスを連発します。

    そして当たり前のように最終問題にたどり着けないまま、テスト終了時間を迎えます。

    あ、やっぱり自分は算数が苦手なんだ。
    そう思わせるには十分な経過です。

    あえて言わせてもらいます。

    教室にいる全員がテスト問題を全部解けなくたっていいじゃない!
    応用問題は難しいけど、基礎の計算問題なら得意!大好き!て言う子供がいたっていいじゃない!

    3月の勝者で黒木先生がテスト用紙を半分に破った作戦、あれマジで使えます。

    大人から見れば簡単な問題ばかりかもしれないけど、回答欄を全部埋めることができた!というのは子供の大きな自信となります

    お子さんの算数に対するモチベーションを上げたいのなら、100点はハナから諦めましょう。

    まずは制限時間を設けず、確実に解ける問題を1つでも2つでも増やしていく。
    その積み重ねが算数嫌いの克服につながります。

    親に苦手だと決めつけられる

    算数が得意な親御さんはもちろん、自身も算数が苦手な親御さん、こんなセリフを口にしたことはありませんか?

    「あなたは計算が遅いわね」「お前は算数ダメだな」「ほかの教科はできるのにね」

    これらの言葉、はっきり言って最悪です。
    お子さんには、ちゃんと伝わってます。

    「私、計算遅いからさ」「オレ、算数はダメなんだよ」「ほかの教科の勉強でもするか」

    ほら、親御さんが言ったことと、まったく同じこと、お子さんの口から出てますよ

    お子さんに算数を好きになってほしいなら、得意になってほしいなら、まずは親の口癖を改めましょう。

    「あなたは計算が遅いわね」→「ゆっくりやれば解けたじゃない」

    「お前は算数ダメだな」→「車が好きだから、速さの問題は得意だな」

    「ほかの教科はできるのにね」→「同じように時間をかけたら算数も得意になるんじゃない?」

    自分だったら、どちらの声かけが嬉しいですか?

    算数に苦手意識を持っているお子さんに、厳しい声をかけたところで良い方向に向かうはずもありません。
    今できることを認めて、小さなステップで勉強を後押しすることが大切です

    算数嫌いを直すオススメ教材のご紹介

    お子さんの算数に対する自信をはぐくむため、タブレット教材を活用してみませんか?
    RISU算数では、ゲーム感覚で楽しく算数を勉強することができます

    実際に使ってみたレビューはこちらから↓
    我が家もお試し後、継続中です。

    RISU算数口コミ お試しで使ってみた 算数特化タブレット教材