小学1年生の長男が算数を好きな3つの理由

こんにちは、ポケザウルスです。
我が家の長男は、好きな教科を算数と答えます。

一方親である私は子供のころ算数がキライでした。
この差はどこからくるのでしょうか?

この記事を読むと分かること

  • 小学1年生の長男が算数を好きな3つの理由
  • 算数嫌いを直すためのヒント

それでは本記事をどうぞ。

小学1年生の長男が算数を好きな3つの理由

算数を生活の中で活用している

小学生が算数を嫌いな理由の1つに「何のためにやるのか分からない」というものがあります。

算数の明るい今、そして未来を具体的に伝えることが、算数嫌いの克服につながります

長男の場合を考えてみると・・以下のようなものがあります。

  • ポケモンカードのダメージ計算ができる
  • 時計が読める
  • お小遣いの計算ができる

なんだ、そんなことか、と思いました?

そりゃあ大人になれば、お金が稼げるとか、稼いだお金を使って好きな物が買えるとか・・
あれ、子供とそんなに変わらなくね?

今すぐに数学者や発明家になるわけでもなし、経済評論家になるわけでもなし。

子供には今の自分より、ほんの少し先の目標が大きなモチベーションとなります。

お前は大きくなったら医者になるんだ!って背中を押すよりも、計算がうまくできるようになったらお小遣いアップしちゃおうかな?の方が子供の意欲は上がりますよ、きっと。

    問題を解く際に制限時間を設けなかった

    長男が算数のプリントに取り組む際、私は制限時間を設けませんでした。

    なぜって?はっきり言わせていただきます。

    問題に制限時間を設けることでモチベーションが上がるのは、算数が得意な子に限ります。

    自分は算数が苦手だと思っている子は、問題に向かうことができただけで花丸です。
    ヨーイドン!なんて言われた日には、頭の中は真っ白、ますます算数が嫌いになります。

    もちろん学校のテストや受験を考えたときに、制限時間は付きものです。

    だからこそ算数が苦手だと認識しているうちは、家でくらい、ゆっくり問題を解かしてやってください。

    それだと時間がかかりすぎるなら、1回答えを見ちゃいましょう。
    答えを見て、解き方を知って、また同じ問題に挑戦するんです。

    それで解けたら、おおいに褒めてやってください。
    きっとお子さんの大きな自信になります。

    大事なことなのでもう一度。

    制限時間を設けるのは、お子さんの算数苦手意識がなくなってからで十分です。

    あなたは算数が得意ねと言い続けた

    小学生が算数を嫌いな理由の1つに「親に苦手だと決めつけられた」というものがあります。

    「あなたは計算が遅いわね」「お前は算数ダメだな」「ほかの教科はできるのにね」

    無意識のうちに、こんなセリフを言っていませんか?

    これらの言葉、はっきり言って最悪です。
    お子さんには、ちゃんと伝わってます。

    「私、計算遅いからさ」「オレ、算数はダメなんだよ」「ほかの教科の勉強でもするか」

    ほら、親御さんが言ったことと、まったく同じこと、お子さんの口から出てますよ

    我が家では母親の私は算数が苦手、長男は算数が得意、という考え方を貫いています。(いや、実際私は算数が苦手なのですが。)

    「計算が速いね」「キレイな円をかけるね」「もうかけ算を覚えたの?」

    普段は怒らない育児なんて無理!な私も、算数に限っては褒めちぎっている自信があります。
    お子さんに算数を好きになってほしいなら、得意になってほしいなら、まずは親の口癖を改めましょう。

    「あなたは計算が遅いわね」→「ゆっくりやれば解けたじゃない」

    「お前は算数ダメだな」→「車が好きだから、速さの問題は得意だな」

    「ほかの教科はできるのにね」→「同じように時間をかけたら算数も得意になるんじゃない?」

    自分だったら、どちらの声かけが嬉しいですか?

    算数に苦手意識を持っているお子さんに、厳しい声をかけたところで良い方向に向かうはずもありません。
    今できることを認めて、小さなステップで勉強を後押しすることが大切です

    オススメ教材のご紹介

    お子さんの算数に対する自信をはぐくむため、タブレット教材を活用してみませんか?
    RISU算数では、ゲーム感覚で楽しく算数を勉強することができます

    実際に使ってみたレビューはこちらから↓

    RISU算数口コミ お試しからの正式入会してみた。