自宅パソコンが博物館に大変身!かはくVRで恐竜の化石を見にいこう

東京に行けなくとも、自宅で恐竜の化石に会える!おうちで体験!かはくVRをご紹介します。

東京は上野にある国立科学博物館。「年パスを買って、通い倒そう!」と思っていたのですが・・。ご存じの通り、閉館中です。気落ちしたまま、ホームページを開くと、なにやら面白そうなコーナーを発見!

VRって何?

VRとはVirtual Reality(バーチャリアリティー)を略したもので、一般的には仮想現実と訳されます。

「表面的には現実ではないが、本質的には現実。」

出典:ELECOM Vol.01 VRってどんな意味?VRのしくみと活用事例より引用

かはくVRで恐竜に会いに行こう!

それでは早速、かはくVRを使ってみましょう。まずはティラノサウルスかな、地球館をクリックして・・。

現れたのは地球館3階。こちらの動物たちも魅力的ですが、ぐっとこらえて・・。左下にあるフロアセレクターから地下1階へ向かいます。

無事にたどり着きましたね、地球館の地下1階です。それではクリックを続けて、右奥に進んでいきましょう。

ついにご対面!ティラノサウルスです。トリケラトプスもいますよ、後ろにはステゴサウルスも!!

同じように最初のページから、日本館に進むと3階にいるフタバスズキリュウに会うことができます。正式な学名はフタバサウルスと言うそうですね。図鑑にも写真が載っていますが、やっぱりVRの方が迫力ありますね。

参考:国立科学博物館公式ホームページ

youtube:かはくチャンネル

国立科学博物館には、Youtubeのチャンネルもあります。その名も「かはくチャンネル」。恐竜博士こと、真鍋真さんもご出演されています。

4月17日は恐竜の日だそうですよ、ご存じでしたか?気になる方は、ぜひ動画で確認してくださいね。

年パスはどうなるの?

そうそう、心配していた国立科学博物館の年パスですが、期限が延長されました。対象は、有効期限が2020年2月29日以降の会員証を持っている人です。延長期間は、会員証に記載された満了日の翌日から臨時休館日数分。

私の場合、とりあえず2021年初めまでは使えそうですね。(2020/05/07時点)また遊びに行けるその日まで、再開を願って自宅から応援したいと思います。