ようこそ、お越しくださいました。

この記事では、くもんの幼児向け算数ドリルをご紹介しています。

 

でも、ちょっと待った!!

ドリルに取り組む前に、どうしても知っておいてほしい絵本があるんです。

それがこちら、「さんすうだいすき」 遠山啓 著(全10巻)

さんすうだいすき 第1巻 どちらがおおきい?

さんすうだいすき 第1巻 どちらがおおきい?

さんすうだいすき 第1巻 どちらがおおきい?「さんすうだいすき」シリーズについては以下の記事で詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

幼児向け算数ドリルを始める前に!読んでほしい【絵本】があります

 

とにかく、ドリルに取り組んで、途中でつまったり、説明が難しくなったと感じたときには、この絵本を思い出してほしいのです。

きっと、あなたとお子さんを助けてくれることでしょう。

 

この記事では、くもんの算数ドリルについて紹介しています。

個別の教科に興味のある方は、下のリンクからお好きなものをご覧ください。

そもそも、くもんのドリルってどんなもの?

国語・もじ・ことば

英語・アルファベット

迷路・筆圧をきたえる

工作・はさみ・のり

通信教育という手も・・。

Z会

Z会

目次【本記事の内容】

  1. 何歳くらいの子どもが取り組めるの?
  2. 数字が書けるようになりたい
  3. 足し算ができるようになりたい
  4. 時計が読めるようになりたい
  5. 引き算ができるようになりたい(今後更新予定)
  6. 九九を覚えたい(今後更新予定)

何歳くらいの子どもが取り組めるの?

かず・けいさんドリルと一口に言っても、

1~10の数字をなぞる練習から、九九を覚えるものまで様々です。

公式の対象年齢は、2歳~8歳となっており、未就園児~小学校低学年向けです。

数字が書けるようになりたい

2歳くらいの小さなお子さんでも、親御さんと一緒に取り組めるのが「はじめてのすうじ」です。

単純な線を引く練習から始まり、1から10までの数字を学びます。

はじめてのすうじ (かず・けいさん 1)

はじめてのすうじ (かず・けいさん 1)

はじめてのすうじ (かず・けいさん 1)

「はじめてのすうじ」を終えたら、次は「やさしいすうじ」です。

1から30までの数字を学びます。

やさしいすうじ (かず・けいさん 2)

やさしいすうじ (かず・けいさん 2)

くもんの幼児ドリル

 

「やさしいすうじ」を終えると、次は「すうじおけいこ」です。

ここで、ぐぐっと難易度が上がります。

すうじおけいこ (かず・けいさん 3)

すうじおけいこ (かず・けいさん 3)

数字は1から120まで広がり、自分で記入する箇所も大幅に増えます。

実際、息子は購入してから1冊終えるまでに、1年以上かかりました。

途中で投げ出してしまっても決して叱らず、あきらめず、長い目で付き合うことをオススメします。

 くもんの幼児ドリル

足し算ができるようになりたい

数字に慣れて、次に視野に入るのは足し算でしょうか。

くもんのドリルにも、はじめてのたしざんがあります。

はじめてのたしざん

はじめてのたしざん (かず・けいさん 4)

はじめてのたしざんただ、ドリルに取り組む前に、日常生活で足し算をイメージしておくことをオススメします。

簡単なことでいいんです。

たとえば「お菓子が1つ、お菓子がもう1つ、合わせるといくつになる?」みたいな感じです。

いきなり+(プラス)という記号だけを見せられると、子どもは難しい?と萎縮してしまいます。

最初に日常生活の中で、簡単な例を示しておくことで、足し算のハードルはグンと下がりますのでお試しあれ。

 

ドリルの中身はこんな感じです。

最初は数字のおさらいから始まります。

1+1から始まり、最後は2桁+1、+2の足し算(答えが30まで)が出題されます。

鉛筆を使い慣れていない子どもだと、1ページ答えを書くだけで疲れてしまうと思います。

子どもがドリルをしぶったら、計算ではなく、答えを書くことが疲れるのかも?と疑ってみてください。

 

計算練習自体に重きを置くのなら、答えは親が書いてあげてもいいかもしれませんね。

(とはいえ実際の学校のテストでは、子どもが書くしかないので・・ボチボチ練習ですね。)

大きめのタブレットをお持ちの方は、計算アプリを活用してはいかがでしょう?

子どもと一緒に!計算アプリで遊ぼう

時計が読めるようになりたい

幼稚園に入ったころから、子どもは時計を意識するようになりました。

バスが9時に迎えに来る、今は3時だからおやつの時間といった具合です。

この時期の子どもにぴったりなのが、「はじめてのとけい」です。

何時・何時半の時刻を読むことを学習します。

はじめてのとけい (かず・けいさん 10)

はじめてのとけい (かず・けいさん 10)

はじめてのとけい (かず・けいさん 10)

1時、2時など、きりのよい時間は自然と分かった長男ですが、難しいのはここからです。

「1時半・・半ってなーに?」

くもんの幼児ドリル

 

子どもがいつも時計で見ているのは、瞬間を切り取った時刻だけ。

つまり、時間は常に動いている(進んでいる)という概念が得られにくい・・。

それならば!

時計の模型

ジャジャーン!登場したのは、みなさんも1度は目にしたことがあるであろう、算数セットに入っている時計の模型です。

実家から私が使っていたものを引っ張り出してきました。

時計の針を回しながら、朝起きました7時、バスが来ました9時、おかあさんといっしょが始まりました4時半!と1日をスケジューリングしていきます

これが息子たちには大受けでした。

昔は気にもとめませんでしたが、学校の算数セットって、よく考えられているんですね。

あまり使われず(笑)キレイな状態で眠っていた、おはじきや、お金の模型など、これからも活躍してくれそうです。

エアークローゼット エアークローゼット