北海道の常時観測火山、第3弾。

今回は十勝岳(とかちだけ)と、大雪山(だいせつざん)をご紹介します。

目次【本記事の内容】

    1. 十勝岳・大雪山ってどこにあるの?
    2. 雪で加速する危険な泥流
    3. 一足先に紅葉を楽しもう

十勝岳・大雪山ってどこにあるの?

十勝岳は北海道の中央部、美瑛町(びえいちょう)・上富良野町(かみふらのちょう)・新得町(しんとくちょう)にまたがっています。

標高は2,077m、富士山の1/2を超える高さです。

 

そこから少し北へ移動すると、10を超える数の火山があります。

これら、

北海道中央部にそびえる火山群の名称

ウィキペディア:大雪山より引用 2020/09/10

を、大雪山といいます。

つまり、大雪山は1つの山の名前ではなく、十数個の火山群をまとめた名前ということですね。

 

標高は一番高い旭岳の2,291mとなっています。

ほかにも、

  • 北鎮岳(ほくちんだけ)2,244m
  • 白雲岳(はくうんだけ)2,230m
  • 愛別岳(あいべつだけ)2.113m

など、2,000m級の山がそびえています。

↓大雪山

雪で加速する危険な泥流

十勝岳は溶岩ドームを併せ持った、成層火山です。

これまでに何度も噴火を繰り返し、人的被害も多く確認されています。

 

北海道のように気温が低く、寒い地域では

積雪期が長いため融雪泥流(ゆうせつでいりゅう)が発生しやすい

気象庁|十勝岳より引用

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/sapporo/108_Tokachi/108_index.html 2020/09/10

そうです。

 

融雪型火山泥流とは、

雪の積もっている時期に、溶岩や火砕流の熱で雪が溶けて起きる泥流

であり、

土石流よりもスピードが速く、積もった雪が一気に溶けて流れ下るため、大量の泥流が広い範囲に被害をもたらします。

天候とは無関係に起きるので予測は大変難しくなっています。

おこじょ子どもネットより引用

http://www.hrr.mlit.go.jp/jintsu/kids/sabo/sabo10.html 2020/09/10

予測が難しいという点が、とても恐ろしいですね。

先に紹介した、おこじょ子どもネットでは災害を未然に防ぐための取り組みが分かりやすく説明されています。

子ども向けサイトですが、大人でも興味深く読むことができ、おすすめです。

一足先に紅葉を楽しもう

寒い地域ならではの災害があれば、寒い地域だからこその楽しみもあります。

そう、北海道は日本で一番早く紅葉が訪れる地域です。

十勝岳は2019年、9月末には紅葉の見頃を迎えました。

とても美しい、いつか現地を訪れてみたいものです。

 

【参考文献・順不同】

ウィキペディア:十勝岳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8B%9D%E5%B2%B3

おこじょ子どもネット!融雪型火山泥流 http://www.hrr.mlit.go.jp/jintsu/kids/sabo/sabo10.html

気象庁:十勝岳 https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/sapporo/108_Tokachi/108_index.html

北海道美瑛町 http://town.biei.hokkaido.jp/

上富良野Navi https://www.kamifurano.jp/

北海道新得町 https://www.shintoku-town.jp/

気象庁:大雪山 https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/sapporo/107_Taisetusan/107_index.html

ウィキペディア:大雪山

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E5%B1%B1

山体崩壊|地震・防災関連用語集 – BIGLOBE

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/yougo/F_saigai/saigai_santai_houkai.htm

大雪山国立公園連絡協議会 http://www.daisetsuzan.or.jp/

写真の町 北海道上川郡東川町 https://town.higashikawa.hokkaido.jp/

山の写真は写真AC様よりお借りしております。https://www.photo-ac.com/