北海道の常時観測火山、第2弾。

今回は雌阿寒岳(めあかんだけ)をご紹介します。

目次【本記事の内容】

    1. 雌阿寒岳ってどこにあるの?
    2. 雌阿寒岳ってどんな形をしているの?
    3. 雌阿寒岳は、いつ噴火したの?

雌阿寒岳ってどこにあるの?

雌阿寒岳は、北海道の釧路市(くしろし)と足寄町(あしょろちょう)に位置します。

標高は1,499mで、富士山のおよそ1/2の高さです。

周囲には、

火山から流れ出た溶岩が周辺の川をせき止めて作った

wikipedia 雌阿寒岳より引用 2020/09/03

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%8C%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3

とされる湖が点在しています。

雌阿寒岳の西にはオンネトーという名の湖。

雌阿寒岳の北東にある雄阿寒岳(おあかんだけ)の周囲には、パンケトー、ペンケトーという名の湖、そしてマリモで有名な阿寒湖があります。

↓雄阿寒岳と阿寒湖

雌阿寒岳ってどんな形をしているの?

雌阿寒岳のマグマは、温度(1000℃)・粘り気ともに中くらい。

そのため火山の地形は、

長期間くり返し激しく噴火が起こり、溶岩と火山砕屑物が交互に積み重なって層をなす

青木の地学基礎をはじめからていねいに 青木秀紀より引用

成層火山となります。

日本の火山の多くが成層火山にあたり、代表的なものが富士山です。

ちなみに雄阿寒岳も成層火山ですが、粘り気の強いマグマが特徴の溶岩ドームの形状も併せ持っているそうです。

うーん、写真じゃ一見違いがよく分かりませんね。

実物を見たら、もしくは何枚も写真を見慣れたら分かるようになるのでしょうか。

↓雄阿寒岳

雌阿寒岳はいつ噴火したの?

過去1万年以内に噴火したことがある火山を活火山といいます。

雌阿寒岳も、雄阿寒岳も活火山の仲間です。

 

雌阿寒岳の噴火年表は以下の通りです。

  • 9000~13000年前 噴火
  • 5000~6000年前 火砕流
  • 3000~7000年前 おもに溶岩からなる火山体が形成される
  • 1000~2500年前 溶岩と火砕流からなる阿寒富士が形成される
  • 700年前 火口が形成される
  • 400年前 マグマ水蒸気爆発
  • 1855~1955年 少なくとも10回の水蒸気爆発
  • その後も断続的に水蒸気爆発が起こる
  • 最新の噴火は2006年

とても元気に活動している火山ですね、恐ろしいです。

 

それに対して雄阿寒岳の噴火年表は以下の通りです。

  • 5000年前 噴火
  • 2500~5000年前 噴火
  • 1000~2500年前 水蒸気爆発

雌阿寒岳に比べれば、今のところおとなしい火山のようです。

油断はできませんけどね。

 

雌阿寒岳は活火山の中でも、特に注意が必要な常時観測火山に指定されています。

そのため、気象庁によって24時間の監視体制がとられています。

 

【参考文献・順不同】

ウィキペディア:雌阿寒岳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%8C%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3

Googleマップ

ウィキペディア:雄阿寒岳

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%84%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3

気象庁:雌阿寒岳

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/sapporo/105_Meakan/105_index.html

気象庁:雄阿寒岳

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/sapporo/120_Oakandake/120_index.html

山の写真は写真AC様よりお借りしております。

https://www.photo-ac.com/