我が家に恐竜の図鑑がやってきました。

可愛いものが大好き、怖がりの息子がどうして恐竜に興味を持ったのか?

そのきっかけは、とても些細なものでした。

目次【本記事の内容】

  1. パズルブロックLaq(ラキュー)を購入する
  2. 私がはまり5体の恐竜が揃う
  3. パズルブロックから恐竜の図鑑へ

パズル・ブロックLaq(ラキュー)を購入する

可愛い物好き、どちらかというと怖がりな息子が本屋で一言。「あれがほしい!」

指差したのは、絵本ではなく小さな恐竜のブロックでした。

ほかにもお店屋さんやら、お花やら、可愛いブロックがあったのですが、「恐竜がいい!」の一点張り。

早速購入して自宅で作ってみましたが・・、思ったよりも難しい。

小さな恐竜を1体つくるのに小一時間かかりましたが、息子はとても満足そうでした。

私がはまり5体の恐竜が揃う

四苦八苦で作り上げたラキューの達成感にはまった私は、あれよあれよと3体の恐竜を揃えてしまいました。

左奥からステゴサウルス、ティーレックス、トリケラトプスです。

 

ここら辺でお財布の中身を考え、一旦ストップしたいところですが・・

収集癖のある私。

ブラキオサウルスとプテラノドンも買ってしまいました、大満足です。

パズルブロックから恐竜の図鑑へ

ラキューですっかり恐竜に親しみを覚えた息子に、思い切って図鑑を与えてみました。

購入したのは、学研の図鑑LIVEです。

【DVD付】恐竜 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑

【DVD付】恐竜 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑

【DVD付】恐竜 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑すると大喜びでページをめくり、目を輝かせてラキューと同じ恐竜を探す息子。

「恐竜は怖いからイヤ・・」そんなことを言っていた彼はどこへいったのでしょう。

 

それにしても最近の図鑑はスゴいですね。

ページを専用のアプリでスキャンすると、恐竜の立体映像が浮かび上がるんです。

私のほうが興奮して、スマホのカメラロールが恐竜でいっぱいです(笑)

また、図鑑にはDVDが付いてくることも初めて知りました。恐竜図鑑

小学館はドラえもん、講談社はNHK、学研はBBC(英国放送協会)のDVDです。

海外制作の映像ってどんなものだろう?という好奇心から、今回は学研の図鑑を選びました。

BBCの映像は日本語訳で聞くことができますので、英語が苦手な方もご安心ください。

英語の音声を選べば、将来リスニングの勉強もできるかもしれませんね。

 

ただ、問題が1つ。DVDがリアルすぎて息子は号泣しました。

「あぁーーー!食べないで!!うわぁーーーー!!!」

怖がりなお子さんがいらっしゃる方は、ご注意ください。

 

というわけで子どもの好奇心は、ささいなきっかけで、はじけるようです。

一見勉強に関係なさそうでも、好きなことなら切り捨てないで。

お子さんの大好きな宝物が見つかりますように。