中学受験に合格する子供はどんな勉強をしているの?

結論:塾や通信教材で基礎を固め、先取り学習に挑戦してます!

中学受験を舞台にしたマンガ『二月の勝者』が大ヒット!
ドラマの影響もあるのか?首都圏では中学受験に挑戦するお子さんが増えてますね。

我が家の息子たちは、まだ小学1年生と幼稚園児ですが、今から気になっています。
そこで私なりに中学受験に合格するお子さんは、どんな勉強をしているのか調べてみました。

受験するかどうかも分からないけど、なんだか気になる!
そんな親御さんに読んでいただけたら嬉しいです。

\中学受験といえば二月の勝者!/

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) (ビッグコミックス)

Amazonでの購入はこちらからどうぞ↑

二月の勝者をスマホで読みたい方は、こちらからどうぞ。

中学受験に合格する子供の多くが塾に通っている

塾無しで難関中学に合格した!という話がもてはやされますが、あれは少数派です。

実際は中学受験に合格する子供の多くが塾に通っています。

そのなかでも中学受験に強い代表的な5つの塾をご紹介します。

中学受験合格者が通う5つの塾

SAPIX(サピックス)

近年の中学受験と言えばSAPIXと言っていいほど、界隈では有名な中学受験塾です。

私立中学の中でも偏差値の高い学校、特に御三家と呼ばれるような学校を目指すお子さんが多く通っています

とても人気のある塾で、場所によっては入塾すること自体が難しくなっているようです。

興味のある親御さんは、早め早めの情報収集をオススメします。

SAPIX公式ページはこちら

四谷大塚(よつやおおつか)

とても分かりやすい予習シリーズという名のテキストが有名な四谷大塚

塾に通っていなくても購入できるため、興味のある方はこちらからどうぞ↓

四谷大塚ドットコム

早稲田アカデミー(わせだアカデミー)

先生が熱い!早稲田アカデミー

テレビの受験特集などで、頭にはちまきを巻き「合格するぞ!」と声をあげる映像を見たことがありますか?
早稲田アカデミーは、まさにあんなイメージの塾です。

先生と密な関係を築きたい親子には、ぴったりの塾ですね。

早稲田アカデミー公式ページはこちら

日能研(にちのうけん)

『シカクいアタマをマルくする』というフレーズを聞いたことがありますか?

主に鉄道の広告で、過去の中学受験の入試問題を紹介しているのが日能研です。

気になる方はこちらからどうぞ↓

日能研『シカクいアタマをマルくする』

背中に大きなNの文字が入ったリュックをしょっているお子さんをみかけたら、日能研に通うお子さんかもしれませんよ。

浜学園(はまがくえん)

お子さんが4人とも東京大学に入学したことで有名な佐藤亮子さんをご存じでしょうか?

佐藤ママのお子さんが通っていたのが、関西を地盤とする有名中学受験塾、浜学園です。

関西の私立中学校の中でも最難関と名高い、灘(なだ)中学校への進学実績が高いのが特徴です。

浜学園の公式ページはこちら

中学受験合格者に選ばれる通信教材

塾通いがメインの中学受験ですが、自宅で通信教材を活用しているお子さんもいます。

ここでは中学受験合格者が好んで受講する2つの教材をご紹介します。

すぐに始められて、合わなければ辞めることもカンタンなので、塾に通うよりもお手軽なのが魅力です

中学受験合格者に選ばれる2つの通信教材

Z会(ゼットかい)

自宅でおこなう通信教育で有名なのは進研ゼミの小学講座ですね。

ただ中学受験においてはZ会のほうがメジャーです。

Z会の中学受験コースでは、目標とする難関私立中学校の名前が明記されています。

合格に向けてのサポートも手厚く、塾通いと併用するお子さんもいます。

Z会の公式ページはこちら

RISU算数(りすうさんすう)

近年、通信教材として知名度を上げているのがRISU算数です。

算数に特化したタブレット教材で、実際の学年にとらわれず、どんどん先取り学習ができます。

中学受験は算数の点数で合否の差が付きやすい!と言われています。

算数を苦手教科にしない!むしろ得意教科として得点源に!そんなご家庭に選ばれています。

算数に特化したRISU算数が難関中学を受験する生徒に選ばれる理由

ここからは我が家でも実際に使っている通信教材、RISU算数をご紹介します。

RISU算数は先ほども書いたとおり、近年知名度をめきめきと上げている通信教材です

実際の学年にとらわれず先取り学習ができる

中学受験を目指す塾に通うお子さんは、6年生の夏休みごろまでには、小学校で教わる学習範囲を終えてしまいます。

つまり、先取りさきどりで学習を進めていくのです

もちろん中途半端な理解で先取り学習をしても意味がありません。

RISU算数なら個人のペースに合わせて、苦手分野を残さずに先取り学習を進めることができます。

中学受験コースがある

RISU算数では中学受験を対象とした、受験基礎コースに取り組むことができます。

ただし、そのためには小学生の算数学習範囲をすべて終える必要があります。

基礎の学習内容をしっかり固めてから受験コースに進むことで、応用範囲も理解が深まります。

難関中学への入学実績が増えている

実際に教材に取り組む前に、やっぱり気になるのが合格実績ですよね。

上の地図をご覧ください、RISU算数を受講しているお子さんが全国で大活躍しているのがよく分かります。

難関中学合格実績

  • 開成中学
  • 麻布中学
  • 栄光学園中学
  • 渋谷教育学園渋谷中学
  • 筑波大付属中学
  • 早稲田中学
  • 市川中学

算数オリンピックでも金メダルですって!
子供たちの明るい未来が垣間見えて、とても嬉しいです。

RISU算数で中学受験の準備を始めよう

  • なんとなく中学受験が気になる親御さん
  • 苦手な算数を克服したいお子さん
  • 算数を得意教科にして、得点源にしたいお子さん
  • 難関中学にチャレンジしたいお子さん

そんな方にRISU算数をオススメします。

算数が得意科目になると、漠然とした不安が確固たる自信に変わります。
算数に自信が持てると、ほかの教科にも積極的に取り組むことができます。

お子さんの算数苦手・・にお悩みのあなた。
RISU算数で、苦手な算数を得意科目に変えちゃいましょう

まずはお試しからどうぞ。

申し込みの際、クーポンコード awt07a を入力すると1週間のお試し期間がもらえます。
お忘れなく!!

『RISU算数』1週間お試しキャンペーンの申し込みはこちらから。

 

RISU算数について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。